医療用医薬品 : セレコキシブ (セレコキシブ錠100mg「サワイ」 他)

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

25 の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。 狭心症、心筋梗塞。

7
2).妊婦<妊娠末期以外>又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 そのリスクは使用期間とともに増大する可能性があると報告されています。

セレコキシブ

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

また、頻繁ではありませんが、腎臓と肝臓がうまく機能しない場合があります。 セレコックスとロキソニンの違いや併用は? セレコックスと ロキソニンは使い方に 違いがあります。 (60歳代病院勤務医、精神科)• その主な副作用には、ショック、過敏症状、消化器症状、肝臓、腎臓、血液系の障害、重い皮膚症状が報告されています。

4
5.慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 また、他の非ステロイド性消炎・鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。

セレコキシブ:セレコックス

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

] 高齢者(「高齢者への投与」の項参照) 重要な基本的注意 本剤の投与により、心筋梗塞、脳卒中等の重篤で場合によっては致命的な心血管系血栓塞栓性事象が発現するおそれがあるので、観察を十分に行い、これらの徴候及び症状の発現には十分に注意すること。 ] 腎障害又はその既往歴のある患者[腎血流量低下及び水、ナトリウムの貯留が起こる可能性があり、腎障害を悪化又は再発させるおそれがある。 ・消化器症状が少ないといわれているので。

6
• それから私の医者はセレブレックスを処方しました。

【医師が解説】鎮痛剤のセレコックスとカロナール、ここが違います!

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 動脈管が収縮してしまうと肺高血圧症を起こすなど赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。

1錠しか飲んでないか確認しましょう。

【医師が解説】鎮痛剤のセレコックスとカロナール、ここが違います!

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

続いて 妊婦の方。 解熱作用もありますが適応はありません。 CYP2C9による本剤の代謝を阻害するため、また本剤と同じCYP2C9で代謝されるためと考えられている。

製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 2.慢性疾患(関節リウマチ、変形性関節症等)に対する使用において、本剤の投与開始後2〜4週間を経過しても治療効果に改善が認められない場合は、他の治療法の選択について考慮する。 ボーナスだった。

セレコックスによる副作用

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

これによりCOX-1には作用しづらいということになります。 • (特別な胃薬と併用して用いることがあります)。

(「薬物動態」の項参照)本剤の作用が減弱し、パロキセチンの作用が増強するおそれがある。 この発現率は、比較対照とした他の一般的な鎮痛薬と変わらないものでした。

セレコックス(セレコキシブ)の副作用と豆知識【解熱鎮痛剤】 ~ ひよこ薬剤師.com

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

7.冠動脈バイパス再建術の周術期患者[外国において、類薬で心筋梗塞及び脳卒中の発現が増加するとの報告がある]。 服用中の薬は忘れずに医師に報告しておきましょう。 アルコールや特定の薬と服用すると副作用が悪化することがあります。

4
体系的な血栓塞栓性イベントの発生率を増加させることが報告されています。 セレコックスの効能効果の詳細は以下の通りです。

セレコキシブ:セレコックス

副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ 副作用 セレコキシブ

さらに、気分安定薬のリチウム(Remus)、抗真菌薬のフルコナゾール(diflucan)、コレステロール低下薬のフルコナゾール(low call)、咳抑制薬のデキストロメトルファン(medicon)、利尿薬、降圧薬、抗うつ薬。 セレコックスの解熱作用について詳しく知りたい方はアステラスのMRに文献を依頼するといいでしょう。

17
以下の場合は使用を控えましょう• 本剤で報告されている薬理作用により、感染症を不顕性化するおそれがあるので、感染症の発現に十分に注意し慎重に投与すること。 2.本剤には血小板に対する作用がないので、心血管系疾患予防の目的でアスピリンの代替薬として使用しない。