「自分の感受性くらい」茨木のり子

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

「自分できちんと考えて生きていく」ということを掲げていきたい。

10
だからこそ、この詩は現実と向き合って生きなければならない現代人にとってエールになるものかと思います。

「自分の感受性くらい」茨木のり子

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

「そんな馬鹿なことってあるものか」と。 同誌は谷川俊太郎、大岡信など多くの新鋭詩人を輩出していく。 ということは、「わずかに光る尊厳」は、小さいけれど、 とても力強いものなのだと、人からは見えないけれど、 それを放棄しないことはとても大切なことなのだと、 彼女は言っているのではないでしょうか。

5
という時代の言説によってその感情は押し潰された。

茨木のり子:自分の感受性ぐらい

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

「駄目なことの一切を 時代のせいにはするな わずかに光る尊厳の放棄 自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」 (『茨木のり子詩集』「自分の感受性くらい」より引用) バシッと背中を叩かれたような、鋭い言葉がいつまでも心に残る作品です。

4
(それこそ有名国立大学に入って有名企業に就職した後も競走は続くというのに…)そして職場で過労自殺をすればそれもその「個人」の心が弱かっただけ、とこれも「自己責任」になる。

【詩】茨木のり子「自分の感受性くらい」がマジしみる ぱさぱさに乾いていく感性を持つビジネスマンへ │ 音楽とビジネスのブログ

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

そう決めた私が、真っ先に思い立ったのは、自分の言葉と心を守る手段をちゃんと確保しておかなきゃ、ということだった。

手術が延期になった友人がいる。 読み終わった後に、一緒に手をとって歩いてくれるような、何とも言えない心強さを感じられる。

詩の解釈について質問です。私は高校三年生の女子です。最近、茨...

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

1991年には、韓国語を学んで発表した詩集『韓国現代詩選』が読売文学賞を受賞。 この「わたくし」とは読者からすれば読者であり、作者からすれば作者である。 そして「わたし」でなく、「わたくし」と書くことで不特定多数の「個人」を指す言葉にもなっていると捉えられる。

(茨木さんは15歳で日米開戦を、19歳で終戦を経験。

「自分の感受性くらい、自分で守れ。ばかものよ」今こそ読み返したい!茨木のり子の詩の世界|feely(フィーリー)

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

2006年、79歳の時にくも膜下出血のため東京郊外の自宅で亡くなりました。 それに気付いてから、数日に一度は取り出して読み返している。

19
大抵、批判をするときは「教師が生徒を」と、一方的になりがちだ。 それはそのまま「他人」(読者)への信頼に繋がる。

茨木のり子・感動の詩

の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分 の 感受性 くらい 自分

心に刻みたい素敵な詩 私が心の友とする、大好きで大切な一編の詩を紹介します。 妻が「教室で読ませたい詩」という本の中にあるよ!と見つけてくれた。

彼女の心の声が国境を越えて人の心を打ったのだ。