県番号,都道府県名,県庁所在地一覧

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

1特別自治道 - 済州特別自治道 16• この時点で、諸侯は領地と領民に対する統治権を全てに奉還したことになっているものの、実質的な地方支配体制は、のの地位を明治政府が引継ぎ大名の役名や任地などの名称が変更されただけであり、と呼ばれる(府県のみ直轄)。 当時、北海道庁の管轄域を「北海道」と呼んだが、「北海道」は単なる地域呼称・名であり、現在のような「道」という自治体名ではない(編入されたにおけるの命名法と共通する)。

お知らせ• (明治15年)に開拓使が廃止されて道内を三分する・・の3県が設置されたが、(明治19年)に廃止され「」が設置された。

都道府県クイズの授業

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

地名部分を維持したまま種別のみ変更されたものについてのみ変更前まで遡っている。

19
前橋市内の現庁所在地は、律令以来群馬郡に属していたが、明治初期にはに含まれており、最終的にはそれに合わせて郡が再設定されたので、ここでは「現在の所在地の郡名ではない」に該当するものとみなした。 自分たちの生活している都道府県の地理的な位置や47都道府県の名称と位置を知り、子供の興味・関心を高めながら、地形や土地利用の様子を捉えるようにしていきます。

4年 社会 都 道府県 クイズ

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

県名の根拠である庁舎所在地が実際の所在地ではない事例はからまでの間には多く、現存しない例としては予定地名を用いた・・や隣接地名を用いた・などがある(短期間で齟齬が解消されるなど、該当するかどうかが自明でない事例が多いため、全てを過不足なく列挙することは困難)。 北朝鮮では・・・羅津先鋒(現・)の4直轄市と、・観光地区の計6都市が道から分割された。 一方、1946年には京畿道からが分割され、いずれの道にも属さない行政区画となった。

7
その後、統廃合が繰り返され、現在の47都道府県に近い区分けが出来上がったのは1888年頃。 順化道• 海西道 光順4年(1463年)の改革 [ ]• ここでは、市町村長や都道府県知事が県の分割や分離を示唆している都道府県を挙げる。

4年 社会 都 道府県 クイズ

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

また、道より細かい行政単位としてが約350あり、州の下にが約1550あった。 そのためもあり、(17年)の長野県山口村と岐阜県中津川市との合併は、中津川市への編入という形をとることになった。 という手続きによることができるようにしたものである(地方自治法第6条の2)。

13
北海道の一部を除く国内全域が府県となる 明治5年 3府72県 (前年)- 3府59県 第二次府県統合前 3府35県 前年12月10日 〜。

道 (行政区画)

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

ただし、京畿道と江原道は南北分断により、の南北にまたがることとなった。 今は社会科の資料集にも掲載されるようになりました。

郵便局その他の特別の官庁の権限に属するものを除いて、道内の行政を管理する。 廃藩置県後では最少の府県数 3府36県 設置 3府37県 分立 編入、分立 1881年 3府38県 分立 3府41県 開拓使をに移行 3府44県 、、分立 3府41県1庁 3つの県をに移行 3府42県1庁 分立 3府43県1庁 分立 が3府4県に施行され、北海道と沖縄県を除く 全3府42県が「自治体」となる 3府43県2庁 の内地編入を閣議決定 1都2府43県2庁 東京府をに移行 1都2府42県2庁 沖縄県がアメリカ施政下に入る 1都2府42県1庁 の施行により樺太庁が正式に廃止される。

馬 の つく 都 道府県

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

エアメールなどを海外に送ったり、送ってもらったりする場合などにローマ字表記をご活用下さい。 1871年の廃藩置県で全ての藩が政府直轄となり、300余りの県が誕生した。

17
イ 名前に「山」が付く 県は。

通称「○○富士」は47都道府県すべてにある

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

jp にご一報下さい。 府県 [ ] (4年・明治元年)、の直轄領(・の領地)が明治の直轄領になった。 一方、それぞれに民選が設置されており、ある程度のが存在した。

11
中には、「県の魚」「県の獣」を定めているところもある。

都道府県

都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山 都 道府県 が つく 山

廃置分合の原則的な手続き [ ] 法律による(第6条第1項)。 その後、(昭和47年)にから返還された沖縄にが置かれ、再び43県となっている。

17
分割の場合、廃止される都道府県の知事と議員は失職し、分割後に新しく設置された都道府県で知事選挙と議員選挙が実施される。 また「沖縄県」は(明治12年)に発足したが、(明治42年)までは他県のような府県制が施行されていなかった。